ヴィジュアルチックバンド「メガマソ」に注視!

現代の音楽ときのなかで独特の理由をもって、多くの気違いを引き寄せているのがヴィジュアル関わりバンドだ。連中の多くはレギュラー附箋ではなく、インディーズとして活動していることから、かなり音楽チャンネルのような表本番には登場することがありません。しかし、バンドごとに全く異なる強い特色を持つヴィジュアル関わりバンドは、下手なレギュラーアーティストよりも真価で勝ることも少なくありません。そういったヴィジュアル関わりバンドの中でぼくが此度ハマっているのは「メガマソ」だ。メガマソはヴォーカル・インザーギの伸びやかな高音と複雑で独特なビート、どんどん1回聴くだけでは十分に味わえない深遠な歌詞を武器にしていらっしゃる3人組のバンドだ。一際、ギターの涼平の女形の徹底ぶりは評価が高く、ムービーやサウンドだけ見ると「意外とおばさんなのではないか」と見紛うほどの高度合っぷりだ。女形が意外と多いヴィジュアル関わりバンドですが、旦那ほど女装が見込める人物は概ねいないでしょう。独特の考え方と涼平の女形の理由、気になった人はメガマソのCDを聴いて下さい。今まで知らなかった風土に誘ってくれることでしょう。キレイモ 予約